生理前 月経前過眠症

眠れない夜に不安で涙が出る・・・

月経関連過眠症 眠気,生理前 眠気 対策,生理前 眠い なぜ,月経随伴睡眠障害 症状,過眠症 女性ホルモン

 

 

なんだか最近夜目がさえて
中々寝付けない日がある。

 

 

でも、次の日もあるから
なるべく長く眠りたくて一生懸命
眠ろうとするんだけど・・・

 

 

眠ろうとすれば眠ろうとするほど
全然眠れなくなってしまって・・・

 

 

だんだん、
頭の中でネガティブな事ばかり
考え始めてしまう。

 

 

これまであった嫌な事や
嫌な思い出がどんどん思い出される。

 

 

そして、
もうこれから生きてゆけないって
感じるほど強い不安感を感じて
涙が止まらなくなってしまう。

 

 

こんな絶望的な気持ちになるのって
何か精神的な病気なのかな??

 

 

そんな風に悩んでいる方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

そこでこういった不眠症状や
不安感について詳しくしらべてみました。

 

 

ひどい不眠や不安の症状とは?

 

月経関連過眠症 眠気,生理前 眠気 対策,生理前 眠い なぜ,月経随伴睡眠障害 症状,過眠症 女性ホルモン

 

寝つきの悪さや不安感の原因とは?

 

 

遠足の前日に、
ワクワクしたり興奮して
中々寝付けなかった・・・

 

 

子どもの頃に、
誰でも一度はこういった症状を
経験した事があるのではないでしょうか?

 

 

実際に、
眠りというのはとても繊細なもので
心の中の状態や体調にとても
影響を受けやすいものです。

 

 

そして、楽しさや良い意味の興奮だけでなく
精神的な不安感や体調不良による興奮等の
影響も受けるんです。

 

 

残念ですが、
大人になってしまうとネガティブな理由から
寝つきの悪さや不眠の症状を感じるという方が
多いのではないでしょうか??

 

 

例えば、
次の日に絶対失敗できない会議があって
不安な気持ちになってしまう。

 

 

以前、
遅刻をしてしまった経験から
朝寝坊に恐怖心を感じていて
夜の寝つきが悪い。

 

 

さらに・・・

 

 

実はこういった不眠などの睡眠障害は
男性よりも女性の方が罹患しやすい
という事をご存知でしょうか??

 

 

睡眠障害は女性の方が多い理由とは?

 

 

なんだか夜布団に入ると
不安感を感じて寝付けない。

 

 

眠れないとネガティブな事ばかり
考えてしまって涙が出る。

 

 

こういった
寝つきの悪さや不眠などの睡眠障害を
発症するのは男性よりも女性の方が
多いんです。

 

 

ではどうしてこういった睡眠障害を
女性の方が発症しやすいのかというと・・・

 

 

女性の体内で、
排卵〜生理開始頃までの時期に
毎月分泌される黄体ホルモンという
女性ホルモンの働きが深くかかわって
いるんです。

 

 

というのも、この黄体ホルモンには
寝つきや眠りの質を悪くする作用が
認められているんです。

 

 

この黄体ホルモンの働きを
詳しく説明すると・・・

 

 

黄体ホルモンには、
生理前の時期に普段より体温を
0.5度程度高く保つ働きがあります。

 

 

ですが、人間が眠りに入る際には
逆に体温を0.5度程度下げる必要が
あるんです。

 

 

この2つの作用が重なる事で
入眠時の体温の調節が上手く
コントロールできなくなってしまい・・・

 

 

生理前〜生理中の時期には
寝付きにくかったり眠りが浅くなって
しまうという状態が現れるんです。

 

 

さらにこういった黄体ホルモンには
脳内幸福物質と呼ばれるセロトニンの
働きを悪くしてしまう作用もあるんです。

 

 

ですので、
なんだか寝つきが悪かったり
不安感を感じて涙が止まらなくなる
時期がある・・・

 

 

と感じている女性は
まずは黄体ホルモンという
女性ホルモンの過不足を補う事から
はじめてみると良いですよ(^^♪

 

 

黄体ホルモンの働きを
改善する有効成分として
おすすめなのがチェストベリーという
生薬です。

 

 

こういったチェストベリーを医薬品と
同量40r+安眠成分である
クワンソウ・ビタミンB6を配合した
製品が「めぐルナ」です。

 

☆初回980円でおためし♪  

 

☆睡眠改善「クワンソウ」 

 

☆女性にうれしい「チェストベリー」

 

めぐルナ Amazon 最安値
※「めぐルナ」を最安値でお試しできるのは
こちら公式サイトのキャンペーン限定です!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
⇒「めぐルナ」公式サイトへ