生理前 月経前過眠症

生理中の睡眠過多は月経関連過眠症?

月経関連過眠症 眠気,生理前 眠気 対策,生理前 眠い なぜ,月経随伴睡眠障害 症状,過眠症 女性ホルモン

 

月経関連過眠症 眠気,生理前 眠気 対策,生理前 眠い なぜ,月経随伴睡眠障害 症状,過眠症 女性ホルモン

 

ふだんは普通なんだけど
生理前や生理中の時期だけ・・・

 

 

1日10時間以上寝ないと
体がだるくてしょうがなくなってしまう。

 

 

なんとか無理をして
短時間睡眠でがんばってみても
昼間のひどい眠気や居眠りで
日常生活が普通に過ごせない。。。

 

 

だから、
毎日夜は8時ぐらいに寝て
朝も7時ぐらいまで起きられない。

 

 

こんな生理前・生理中限定の
睡眠方の症状って私だけ?


 

 

生理前の睡眠過多の症状とは?

 

月経関連過眠症 眠気,生理前 眠気 対策,生理前 眠い なぜ,月経随伴睡眠障害 症状,過眠症 女性ホルモン

 

月経関連過眠症って?

 

 

生理前や生理中の時期限定で
ひどい眠気や睡眠過多の症状が
現れるという場合・・・・

 

 

月経随伴性睡眠障害の一種である
「月経関連過眠症」の可能性が
高いんです。

 

 

この「月経関連過眠症」の症状が
現れる原因やメカニズムとしては・・・

 

 

生理間の時期に分泌量が増える
黄体ホルモンの働きが深く関連して
いるんです。

 

 

この黄体ホルモンには

 

@睡眠薬と同レベルの催眠効果
A眠りの質を低下させる作用

 

この2つの睡眠に関連した
作用が認められているんです。

 

 

まず@は、
黄体ホルモンが体内で分解された
アロプレグナノロン(ALLO)という物質に
病院で処方される睡眠薬と同レベルの
催眠効果が認められているんです。

 

 

そしてさらにAですが、
黄体ホルモンの体温を高く保つ
作用によって寝つきが悪くなったり
眠りが浅くなってしまう作用が
認められているんです。

 

 

ですので、
生理前〜生理中の時期には
常に睡眠薬を服用しているのに
良く眠れないという状態と同じ状態に
なってしまうんです。

 

 

それは、
睡眠過多になってしまっても
仕方がないよね・・・って思いませんか??

 

 

では、
こういった生理に関連した睡眠過多の症状を
改善するには・・・・

 

 

月経に関連した睡眠過多の改善方法

 

月経関連過眠症 眠気,生理前 眠気 対策,生理前 眠い なぜ,月経随伴睡眠障害 症状,過眠症 女性ホルモン

 

睡眠過多を改善する有効成分

 

 

生理前・生理中にあらわれる
睡眠過多の症状を改善するには
まずは黄体ホルモンの乱れを
改善する事からはじめてみましょう!

 

 

そこで、
黄体ホルモンの乱れを改善する
チェストベリーや・・・

 

 

睡眠の質を向上させる
クワンソウ・ビタミンB6等を豊富に配合した
「めぐルナ」という製品がおすすめです。

 

 

☆初回980円でおためし♪  

 

☆睡眠改善「クワンソウ」 

 

☆女性にうれしい「チェストベリー」

 

めぐルナ Amazon 最安値
※「めぐルナ」を最安値でお試しできるのは
こちら公式サイトのキャンペーン限定です!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
⇒「めぐルナ」公式サイトへ