生理前 月経前過眠症

生理前の眠気「月経関連過眠症」の時期とは?

月経関連過眠症 眠気,生理前 眠気 対策,生理前 眠い なぜ,月経随伴睡眠障害 症状,過眠症 女性ホルモン

 

 

月の半分くらいはけっこう元気なんだけど、
月の半分くらいは体のだるさや眠気の症状で
なんだかつらい。。。

 

 

これって、
ナルコレプシー(過眠症)とか
何かの病気なのかな??

 

 

でも、
月の半分だけ症状が現れる
病気なんて聞いた事が無いし・・・

 

 

って思っていたら、友達から
月経随伴性睡眠障害の一種の
月経関連過眠症月経前過眠症)」
なんじゃないの??

 

 

って言われた。。。

 

 

でも月経前過眠症って、
生理前の3日間ぐらい眠いという症状
なんじゃないの??

 

 

月の半分近く眠いというのは
月経関連過眠症時期としては
長すぎるんじゃないの??

 

 

そんな風に疑問に思っている女性も
多いのではないでしょうか?

 

 

そこでこういった
月経随伴性睡眠障害の一種のである
「月経関連過眠症(月経前過眠症)」の
症状の時期について詳しくお伝えさせて頂きます。

 

 

月経随伴性睡眠障害の時期とは?

 

月経関連過眠症 眠気,生理前 眠気 対策,生理前 眠い なぜ,月経随伴睡眠障害 症状,過眠症 女性ホルモン

 

月経関連過眠症の時期とは?

 

生理前や生理中の時期になると
ひどい眠気や不眠症状に悩まされている
という女性ってとても多いんです。

 

 

生理のある成人女性の約半数近くが
こういった生理前の睡眠の異常を感じた
事があるというデータもあります。

 

 

まずは、あなたの生理前後の
眠気や過眠の症状が
月経関連過眠症かチェックして
みましょう♪

 

⇒月経関連過眠症チェックシートへ

 

 

そして、
こういった月経随伴性睡眠障害の
症状が現れる時期としては・・・

 

 

排卵〜生理終了頃までの時期
であるとされています。

 

 

というのも、
この月経随伴性睡眠障害と
深い関連性があるものとして・・・

 

 

排卵〜生理開始までの時期に
多く分泌される女性ホルモンのひとつである
黄体ホルモン(プロゲステロン)の働きが
あるからなんです。

 

 

月経随伴性睡眠障害と黄体ホルモン

 

月経関連過眠症 眠気,生理前 眠気 対策,生理前 眠い なぜ,月経随伴睡眠障害 症状,過眠症 女性ホルモン

 

月経関連過眠症と女性ホルモン

 

 

月経に関連した睡眠障害が
起こる原因やメカニズムに深く関連性が
認められているのが・・・

 

 

排卵〜生理開始頃までに
多く分泌される女性ホルモンである
黄体ホルモン(プロゲステロン)の
働きなんです。

 

 

この黄体ホルモンの睡眠に関する働きには・・・

 

 

@体温を高く保つ効果

 

 

A睡眠薬と同レベルの催眠作用

 

 

この2つの働きが存在しています。

 

 

@体温を高く保つ働き

 

まず、
@の体温を高く保つ働きによって
普段よりエネルギーを消費しやすく
なってしまいます。

 

 

このことにより、
疲労感や体のだるさを感じやすく
なってしまうんです。

 

 

さらに、このことにより
睡眠時の深部体温も高く保たれる事で
眠りに入りにくかったり眠りが浅くなったり
する作用が認められているんです。

 

 

 

A睡眠薬と同レベルの催眠作用

 

 

さらに、
黄体ホルモンの代謝物である
アロプレグナノロン(ALLO)という物質には、
病院で処方される睡眠薬と同レベルの
眠りを誘う効果が認められているんです。

 

 

ですので、
生理前の時期は常に睡眠薬を
服用しているのと同じ状態であると
考える事ができるんです。

 

 

それは眠くて当たり前だよって
思いますよね??

 

 

このように、
黄体ホルモンの働きによって
生理前後の時期には睡眠障害などの
症状が現れる事があるんです。

 

 

ですので、
生理に関連した睡眠障害を
改善するには・・・

 

 

まずは、
黄体ホルモンの過剰や不足を調える
チェストベリーという有効成分を配合した
「めぐルナ」を試してみると良いですよ(^^♪

 

 

☆初回980円でおためし♪  

 

☆睡眠改善「クワンソウ」 

 

☆女性にうれしい「チェストベリー」

 

めぐルナ Amazon 最安値
※「めぐルナ」を最安値でお試しできるのは
こちら公式サイトのキャンペーン限定です!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
⇒「めぐルナ」公式サイトへ