生理前 月経前過眠症

生理前の不眠を改善する睡眠薬とは?

月経関連過眠症 眠気,生理前 眠気 対策,生理前 眠い なぜ,月経随伴睡眠障害 症状,過眠症 女性ホルモン

 

 

ふだんは不眠症状なんて
感じたことが無かったのに・・・

 

 

最近、
生理1週間ぐらい前になると、
夜全然眠れなくなってしまう。。。

 

 

布団の中に入って
目をつぶると頭の奥が冴えて
どんどん眠れなくなる。

 

 

一度眠りに入っても
眠りも浅いしすぐ目が覚めて、
実際に眠っている時間って
本当に数時間だけ。

 

 

生理前の時期はこんなひどい
不眠の症状に悩まされているのって
やっぱり私だけなのかな??

 

 

生理前の不眠症状とは?

 

月経関連過眠症 眠気,生理前 眠気 対策,生理前 眠い なぜ,月経随伴睡眠障害 症状,過眠症 女性ホルモン

 

月経随伴性睡眠障害とは??

 

 

生理前の時期になると
ひどい不眠の症状が現れて辛い・・・

 

 

そんな症状に悩んでいる女性って
少なくないんですよ!

 

 

というのも、
こういった生理前や生理中など
生理に関連して起こる睡眠障害は・・・

 

 

月経随伴性睡眠障害と呼ばれる
女性特有の病気の可能性が
高いんです。

 

 

そして、
こういった月経随伴性睡眠障害を
発症する原因・メカニズムには
生理前に分泌量が増える
黄体ホルモンの働きが影響を
与えているんです。

 

 

月経随伴性睡眠障害の原因とは?

 

 

生理前の時期に
月経随伴性睡眠障害の不眠症状が
現れる原因には・・・・

 

 

生理前の時期に
多く分泌される黄体ホルモンという
女性ホルモンの働きが深く関連して
いるんです!

 

 

というのもこの黄体ホルモンには
体の深部体温をふだんよりも
0.5度程度高く保つ作用が
認められており・・・

 

 

この働きによって、
寝つきが悪くなったり
睡眠の質が悪化する事が
分かっているんです。

 

 

ですので、
生理前の時期になると
ひどい不眠症状が現れる女性が
いらっしゃるんです。

 

 

じゃあ、
こういった月経随伴性睡眠障害の
不眠症状を改善するには
どうしたらいいの?

 

 

こういった生理前の不眠に効く
睡眠薬ってどんなもの??

 

 

そんな風に気になりますよね??

 

 

生理前の不眠を改善する睡眠薬とは?

 

月経関連過眠症 眠気,生理前 眠気 対策,生理前 眠い なぜ,月経随伴睡眠障害 症状,過眠症 女性ホルモン

 

黄体ホルモンには催眠効果が!?

 

 

黄体ホルモンの働きが関連した
月経随伴性障害の不眠の症状を
改善するには・・・

 

 

どんな睡眠薬が効くのかというと??

 

 

実は、
月経随伴性障害の不眠症状を
引き起こしている黄体ホルモンが
体内で分解されてアロプレグナノロン
という物質になると・・・

 

 

病院で一般的に処方される
ベンゾジアゼピン系の睡眠薬と
同レベルの催眠効果がある事が
認められているんです。

 

 

え??
黄体ホルモンって不眠の原因に
なるのに睡眠薬と同じくらいの
睡眠を誘発する効果もあるの??

 

 

ってちょっとびっくりしますよね!?

 

 

でも実際に、
月経随伴性障害の特徴として
「眠いんだけど不眠」というような
不眠と過眠の症状が同時に
現れる事も多いんです。

 

 

ですので・・・

 

 

生理前の不眠症状の改善に、
ベンゾジアゼピン系の睡眠薬を
服用する事はあまり効果的とは
考えられないんです。

 

 

じゃあ、
ベンゾジアゼピン系の睡眠薬で
月経随伴性障害の不眠症状を
改善すればいいんじゃないの??

 

 

って思うかもしれませんが・・・

 

 

残念ながら、バルビツール酸系や
非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬も
中毒症状や過剰摂取のリスクが
懸念されている睡眠薬なんです。

 

 

さらにこういった睡眠薬って
実際に良質な睡眠を誘発する
というのではなくて・・・

 

 

いわば麻酔薬の一種であり
強制的に意識を失わせているのと
同じような状態なんです。

 

 

ですので、
こういった睡眠薬の摂取って
とても難しいとされており
安易な摂取は推奨されていません。

 

 

じゃあ、
こういった月経随伴性睡眠障害の
不眠症状を改善するには
どうしたらいいの??

 

 

そんな風に疑問に思いますよね??

 

 

生理前の不眠症状を改善する薬とは?

 

月経関連過眠症 眠気,生理前 眠気 対策,生理前 眠い なぜ,月経随伴睡眠障害 症状,過眠症 女性ホルモン

 

月経随伴性睡眠障害を改善するには?

 

 

月経随伴性睡眠障害の症状を
改善するには・・・

 

 

症状自体を短期間
抑え込む睡眠薬よりも・・・

 

 

月経随伴性障害の原因自体を
改善する有効成分の摂取が
おすすめなんですよ!!

 

 

先ほどもお伝えしたように、
月経随伴性睡眠障害の症状には
生理前の時期に分泌量が増える
黄体ホルモンの働きが深く影響を
及ぼしているんです。

 

 

ですので、
月経随伴性睡眠障害の症状を
改善するには黄体ホルモンの過剰や
不足を補う事が重要なんです。

 

 

そしてこういった黄体ホルモンの
過不足を補う働きが認められている
有効成分がチェストベリーなんです。

 

 

月経随伴性睡眠障害の改善薬とは?

 

 

このチェストベリーは
ドイツの厚生労働省にあたる機関でも
黄体ホルモンの乱れを改善する効果と
安全性を認められた有効成分なんです。

 

 

さらに、日本国内でも
生理前のPMS改善の有効性と
安全性を認可された医薬品の
主成分でもあるんです。

 

 

ですので、
生理前の月経随伴性睡眠障害に
高い改善効果を期待できるんですよ♪

 

 

そして、こういったチェストベリーを
医薬品と同量40mg配合しており・・・

 

 

さらに、睡眠の質を向上させる
オキシピナタニンという最新成分を
含んだクワンソウエキス。

 

 

また、
安眠物質であるセロトニンや
メラトニンの生成に欠かせない
ビタミンB6などの有効成分を
バランスよく配合しているのが
「めぐルナ」という製品なんです。

 

 

「めぐルナ」は、
月経随伴性睡眠障害の原因となる
女性ホルモンの乱れを改善しながら
睡眠の質も向上させる効果を
期待できますので・・・

 

 

生理前の時期の不眠症状を
改善するには睡眠薬よりも
おすすめなんですよ(^^♪

 

☆初回980円でおためし♪  

 

☆睡眠改善「クワンソウ」 

 

☆女性にうれしい「チェストベリー」

 

めぐルナ Amazon 最安値
※「めぐルナ」を最安値でお試しできるのは
こちら公式サイトのキャンペーン限定です!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
⇒「めぐルナ」公式サイトへ