生理前 月経前過眠症

月経関連過眠症と女性ホルモンの関係とは?

月経関連過眠症 眠気,生理前 眠気 対策,生理前 眠い なぜ,月経随伴睡眠障害 症状,過眠症 女性ホルモン

月経関連過眠症 眠気,生理前 眠気 対策,生理前 眠い なぜ,月経随伴睡眠障害 症状,過眠症 女性ホルモン

 

生理前後の時期になると
眠くて眠くて仕方が無くなる。

 

 

これって生理前限定の症状だから
たぶん婦人科系の病気なんじゃないかな?

 

 

ってことは、
低用量ピルとかで改善できるのかな?


 

そんな風に疑問に思ってる女性も
多いのではないでしょうか?

 

 

そこで、
生理前後の時期の眠気と
女性ホルモンの関係について
詳しくお伝えします。

 

 

月経関連の睡眠障害と女性ホルモン

 

月経関連過眠症 眠気,生理前 眠気 対策,生理前 眠い なぜ,月経随伴睡眠障害 症状,過眠症 女性ホルモン

 

月経関連過眠症の女性は多い!?

 

生理前の時期の、
ひどい眠気や不眠の症状で
悩んでいる女性って・・・

 

 

実はとっても多いんです!

 

 

月経関連睡眠障害に関する論文での
報告によると・・・

 

成人女性の8割〜4割が月経に関する睡眠の
変化を感じている。

 

さらに、
その中の4割〜5割は月経前・月経時の
過眠症状。

 

 

5%〜1%が月経前・月経時不眠症状を
訴えているというデータがあります。

 

 

つまり、生理前後の時期に
半数以上の女性が睡眠に変化を感じ
さらにそのうち過眠症状に悩んでいる女性が
多いという事が分かります。

 

 

※もちろんひどい不眠症状に
悩んでいる女性もいらっしゃいます。

 

 

では、
どうして生理前後の時期に
こういった睡眠の変化や過眠・不眠の
症状が現れてしまうのかといえば・・・

 

 

やはり、
月経をコントロールしている
女性ホルモンの働きが深くかかわって
いるんです。

 

 

月経関連睡眠障害の原因・メカニズム

 

月経関連過眠症 眠気,生理前 眠気 対策,生理前 眠い なぜ,月経随伴睡眠障害 症状,過眠症 女性ホルモン

 

黄体ホルモン(プロゲステロン)が原因?

 

 

月経関連睡眠障害の過眠症状や
不眠症状の原因やメカニズムとして・・・

 

 

生理前の時期に分泌量が増える
黄体ホルモン(プロゲステロン)という
女性ホルモンの働きが関係しています。

 

 

この黄体ホルモンには、
月経関連睡眠障害の症状に
関連した作用として・・・

 

 

@睡眠薬と同レベルの催眠作用

 

 

A体温を高く保つ働き

 

 

こういった2つの働きがあります。

 

 

黄体ホルモンの催眠作用

 

まず、
@睡眠薬と同レベルの催眠作用に
ついてですが・・・

 

 

黄体ホルモンが女性の体内で
分解されるとアロプレグナノロン(ALLO)※
という物質が作られます。

 

 

このアロプレグナノロン(ALLO)は、
脳内の神経伝達物質である
γ‐アミノ酸酪酸(GABA)の作用を
高める働きがあるんです。

 

 

γ‐アミノ酸酪酸(GABA)には、
鎮静・催眠効果や抗不安作用などの
働きが認められています。

 

 

ストレスの軽減効果をうたった
GABAを含むチョコレート製品とかって
販売されていますよね?

 

 

こういったメカニズムによって、
黄体ホルモンの代謝物である
アロプレグナノロン(ALLO)が作用すると
生理前の時期にひどい眠気を感じる女性が
多いんです。

 

 

実際に、
この黄体ホルモンの作用は
一般的にお医者さんで処方されている
ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤(睡眠薬)と
同レベルの催眠効果が認められているんです。

 

 

それなら眠くて当たり前だよ!!
って思いませんか?

 

 

体温が高く保たれる作用

 

さらに、
黄体ホルモンには体温を高く保つ
働きがある為・・・

 

 

普段よりエネルギーを消費が高まり
疲労感や体のだるさを感じる事が
多くなります。

 

 

また、
睡眠時には体幹の体温を下げて
深く眠っているのですが、
黄体期には体温を下げる事が
困難になる為・・・

 

 

寝つきの悪さや不眠などの
睡眠の質の低下を感じる女性も
多いんです。

 

 

生理前の時期は日中は眠いのに
いざ眠ろうとしてもなかなか眠れない
深く眠った感じがしないという症状を
感じる女性が多いのはその為なんです。

 

 

このように見てゆくと、
生理前の時期に睡眠の変化は
黄体ホルモン働きによって起こって
いると考える事ができるんです!

 

 

ですので、こういった月経に関連した
睡眠障害の改善には・・・

 

 

黄体ホルモンの分泌の過不足を
補ってあげる事が重要なんですよ!

 

 

黄体ホルモンの過不足を補うには?

 

 

でも、
黄体ホルモンの過不足って
どうやったら改善できるの??

 

 

そんな風に疑問に思う女性も
いらっしゃるのではないでしょうか??

 

 

そこで、
こういった黄体ホルモン過不足を
補うのがチェストベリ―という
生薬由来の有効成分なんです。

 

 

そして、
このチェストベリーを医薬品と同量40r
配合しているのが「めぐルナ」という
製品なんですよ。

 

 

さらに、
「めぐルナ」はチェストベリーに加え
睡眠の質を向上させるクワンソウや
高齢人参などの有効成分を豊富に
配合しているんです。

 

 

でのすので、
女性特有の月経関連過眠症の
改善には「めぐルナ」がおすすめ
なんですよ♪

 

☆初回980円でおためし♪  

 

☆睡眠改善「クワンソウ」 

 

☆女性にうれしい「チェストベリー」

 

めぐルナ Amazon 最安値
※「めぐルナ」を最安値でお試しできるのは
こちら公式サイトのキャンペーン限定です!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
⇒「めぐルナ」公式サイトへ

 

 

 

 

 

出典・参考:
「女性の睡眠とホルモン」
国立精神・神経センター 渋井佳代著
https://www.jstage.jst.go.jp/article/sobim/29/4/29_4_205/_pdf

 

 

 

 


月経随伴性睡眠障害に関しての
記事でよく目にするのがこの
「アロプレグナノロン」を
「アロプロゲステロン」と間違えて
記載しているものです。

 

 

医師監修や大手の企業が運営している
情報提供サイトでもこの間違いが
流布しています。

 

たぶん、
こういった医師が監修している
どこか権威のある情報提供サイトが
間違った情報を掲載してしまった事で・・・

 

 

その間違った記事を参考にして
新しく記事を記載しているサイトが
多い為に・・・

 

 

こういった間違った情報が蔓延して
しまっているんでしょう。

 

 

きちんと医学的根拠のある情報を
精査して掲載しているサイトを参考に
してゆく事が重要です。