生理前 月経前過眠症

生理前の眠いのに不眠症状?睡眠薬が効かない??

月経関連過眠症 眠気,生理前 眠気 対策,生理前 眠い なぜ,月経随伴睡眠障害 症状,過眠症 女性ホルモン

 

生理前の時期になると
異常な不眠症状が現れて
困っている。。。

 

元々寝つきが良いタイプでは
ないのですが・・・

 

生理前の時期になると、
毎月極体に寝つきが悪くなります。

 

布団に入っても、
いつまでも何時間も眠れず・・・

 

やっと眠ったと思ったら
寝苦しくて夜中に何度も目が覚める。

 

結局、
明け方4時過ぎに眠り始めて
気が付くと起きなければならない時間に
なってしまって。。。

 

毎日睡眠時間が1時間〜3時間ぐらいで
体がだるいし体調も悪い。

 

日中頭もぼーっとして眠気も
ひどいんだけど・・・

 

夜中になるとやっぱりひどい不眠症状で
困っている。

 

これって、
やっぱり不眠症なのかな?

 

それとも生理前限定の症状だから
PMS(月経前症候群)なのかな??

 

そんな風に疑問に思っている女性も
多いのではないでしょうか?

 

そこで、
こういった生理前の時期の不眠症状に
ついて詳しくお伝えします。

 

 

生理前の不眠と過眠が両方!?

 

月経関連過眠症 眠気,生理前 眠気 対策,生理前 眠い なぜ,月経随伴睡眠障害 症状,過眠症 女性ホルモン

月経関連過眠症の症状とは?

 

 

生理前の時期になると
ひどい眠気や寝起きの悪さを
感じて困っている。

 

 

だけど、
いざ眠ろうとして布団に入ると
なかなか寝付けない。

 

 

眠りも浅くて、
ぐっすり眠った感じもしないから
ますます昼間に眠気の症状が
強くなってしまう・・・

 

 

こういった生理前の
ひどい眠気や不眠の症状が
あらわれるという症状は・・・

 

 

月経随伴性睡眠障害と
呼ばれる病気の代表的な
症状なんです。

 

 

では、どうして生理に関連して
ひどい眠気と不眠症状が
どちらも現れるのかと言えば・・・

 

 

生理前に眠いのに不眠の原因とは?

 

月経関連過眠症 眠気,生理前 眠気 対策,生理前 眠い なぜ,月経随伴睡眠障害 症状,過眠症 女性ホルモン

 

月経随伴性睡眠障害の原因とは?

 

 

生理に関連したひどい眠気や
不眠症状が現れる原因とは・・・

 

 

排卵〜生理開始頃までに
毎月分泌量の増える、
黄体ホルモンの働きが深く
関連しているんです。

 

 

この黄体ホルモンの
睡眠に関する作用としては・・・

 

 

@睡眠薬と同レベルの催眠作用

 

 

A体温を高く保つ作用

 

 

この2つの働きが認められて
いるんです。

 

 

まず、
@睡眠薬と同レベルの催眠作用
ですが・・・

 

 

生理前の時期に分泌量が増加する
黄体ホルモンが女性の体内で
分解されるとアロプレグナノロン
という物質になります。

 

 

このアロプレグナノロン(ALLO)には、
病院で処方される睡眠薬と同じくらいの
強さの眠気を引き起こす働きが
ある事が認められているんです。

 

 

参考出典:「女性の睡眠とホルモン」
国立精神・神経センター 渋井佳代著

 

https://www.jstage.jst.go.jp/article/sobim/29/4/29_4_205/_pdf

 

 

つまり生理前の時期は、
ずっと睡眠薬を服用し続けて
いるのと同じ状態でありると考える事が
できるんです。

 

 

こういった理由が、
生理前の時期にひどい眠気や
過眠症状が現れる主な原因と
考えられます。

 

 

ではどうして、
こういった過眠症状と同時に
不眠症状が現れるのかというと・・・

 

 

黄体ホルモンの作用である、
A体温を高く保つ作用というものが
関連しているんです。

 

 

人間は睡眠時、
体を休ませるためにエネルギー代謝を
低下させます。

 

 

それにより体や脳が深く眠る事が
できるのですが・・・

 

 

生理前の時期は、
黄体ホルモンの作用で体温が高く
保たれてしまう事で眠れなかったり
眠っても眠りの質が低下してしまうんです。

 

 

この働きが、
生理前後の時期に不眠症を
引き起こす原因となっているんです。

 

 

そしてさらに、
こういった夜間の睡眠の質の低下や
不眠症状から・・・

 

 

朝の目覚めが悪かったり、
日中にひどい眠気の症状が
さらに悪化してしまうという
負の相乗効果があるんです。

 

 

 

このような生理前の時期に
眠いのに不眠症状という
特殊な睡眠障害が現れる
原因メカニズムには・・・

 

 

生理前の時期に分泌量が増加する
黄体ホルモンの作用が深く関わって
いるんです。

 

 

ですので、
こういった生理に関連する
特殊な睡眠障害を改善するには
黄体ホルモンの過不足を調える事が
重要なんですよ!

 

 

こういった黄体ホルモンの働きを
調える成分としておすすめなのが
チェストベリーという生薬です。

 

 

 

おすすめのチェストベリ―サプリとは?

 

このチェストベリーは、
低用量ピルなどと違って
重篤な副作用や体への負担も少なく
自然由来の安心安全な有効成分です。

 

 

さらに、
ドイツの厚生労働省にあたる機関で
生理前の不快な症状の改善の有効性と
安全性を認められた成分でもあるんです。
チェストベリーは、

 

 

そして、
日本の厚生労働省でもPMS改善薬として
認可された医薬品の主成分でもあります。

 

 

こういったチェストベリーを
医薬品と同量40mg配合した
女性特有の睡眠障害の改善に
おすすめの製品が「めぐルナ」です。

 

 

「めぐルナ」には、
黄体ホルモンの乱れを調える
チェストベリーに加えて・・・

 

 

ノンレム睡眠を増加させ
睡眠の質を向上させる
クワンソウエキス。

 

 

さらに、
安眠作用のあるセロトニンや
メラトニンの生成に欠かせない
ビタミンB6等の有効成分を
豊富に配合しているんです。

 

 

ですので、
「めぐルナ」は女性特有の
睡眠障害の改善に最適
なんですよ♪

 

 

さらに今なら、
「めぐルナ」をキャンペーン
最安値価格で購入可能です(^^♪

 

 

☆初回980円でおためし♪  

 

☆睡眠改善「クワンソウ」 

 

☆女性にうれしい「チェストベリー」

 

めぐルナ Amazon 最安値
※「めぐルナ」を最安値でお試しできるのは
こちら公式サイトのキャンペーン限定です!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
⇒「めぐルナ」公式サイトへ