生理前 月経前過眠症

ピルを飲むと朝起きれない?生理前の睡眠障害とは?

月経関連過眠症 眠気,生理前 眠気 対策,生理前 眠い なぜ,月経随伴睡眠障害 症状,過眠症 女性ホルモン

 

 

生理前のPMS(月経前症候群)を
改善したくて産婦人科を受診したら・・・

 

 

PMS治療に保険適用される
低用量ピル「ヤーズ」を処方された。

 

 

この超低用量ピルの「ヤーズ」って、
体への負担や副作用も少ないし
避妊効果も期待できるっていうし♪

 

 

すごく良い薬じゃないって思って
服用し始めたんだけど・・・

 

 

この「ヤーズ」を服用していると
夜寝つきが悪くなったり
朝起きれなくなってしまう。

 

 

それに、
昼間もひどい眠気の症状が
あらわれて仕事や勉強・家事が
全然手につかなくなってしまう(>_<)

 

 

生理前のPMSの症状が
改善してもこんな眠気の症状が
あったら「ヤーズ」飲み続けられないよ・・・

 

PMS治療薬「ヤーズ」と睡眠障害

 

月経関連過眠症 眠気,生理前 眠気 対策,生理前 眠い なぜ,月経随伴睡眠障害 症状,過眠症 女性ホルモン

 

 

低用量ピルと眠気・不眠の症状

 

 

生理前の時期の
イライラや気分の落ち込み
むくみや下腹部痛などのPMSの
治療薬として・・・

 

 

保険適用されている薬が
「ヤーズ」「ルナベル「フリウェル」等の
低用量ピルです。

 

 

そして、
こういったピルの主成分となって
いるのが人工的に作られた
黄体ホルモン・卵胞ホルモンと
呼ばれる女性ホルモンです。

 

 

そして、
こういった女性ホルモンのうち
黄体ホルモンには睡眠薬と
同レベルの催眠効果が認められて
いるんです!!

 

 

ですので、低用量といえども
黄体ホルモンを配合した
ピルを服用すると・・・・

 

 

ひどい眠気や朝起きれない
などの症状が現れてしまうんす!!

 

 

 

低用量ピルは体に優しい!?

 

 

でも・・・

 

この低用量ピルって、
昔の中用量ピルなどに比べると
薬効成分も少なめでむくみなどの
副作用も少ないと聞いたんだけど??

 

 

そんな風に疑問に思っている
女性もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

ですが、
こういった低用量ピルであっても
ひどい眠気やむくみ等の副作用が
起こる可能性があるんです。

 

 

というのも、
低用量ピルって薬効成分が
中用量ピルなどと比べて
少ないために体に優しいという
イメージがあるかもしれませんが・・・

 

 

じつは、
中用量ピルは薬効が弱め成分を
配合しているので薬量が多めで
低用量ピルは薬効が強めなので
薬じたいが低用量という事なんです。

 

 

つまり、
体に対する負担や作用は
中用量ピルも低用量ピルも
どちらも同じくらいの強さだと
言われているんです。

 

 

(まあ、
ある程度効き目がないと
避妊やPMS改善の効果も
期待できないので仕方がない
ことかもしれませんケドね・・・)

 

 

そしてさらに・・・

 

 

こういったピルには
国内だけでも死亡例の複数ある
重篤な血栓症などの副作用が
あるってご存知ですよね??

 

 

月経関連過眠症 眠気,生理前 眠気 対策,生理前 眠い なぜ,月経随伴睡眠障害 症状,過眠症 女性ホルモン

 

 

実際に厚生労働省からも
注意喚起のブルーレターが公布され
低用ピルの処方の際には医師から
説明があったはずです。

 

 

 

 

あなたは、
こういった低用量ピルの
眠気や血栓症などの副作用や
体への負担のリスクがあっても・・・

 

 

低用量ピルを服用する
必要があるって感じますか?

 

 

さらに、
こういった低用量ピルって
避妊効果が100%なわけでも
ありませんのでコンドームなどの
避妊具との併用が必須だという事も
ご存知ですよね??

 

 

※低用量ピルオンリーで
妊娠してしまった場合は、
「避妊失敗」ではなくて
「避妊しなかった」という事と
同じなんです。

 

 

また、
こういった低用量ピルって
生理前のPMS・PMDDの症状を
すべて改善する効果が認められては
いないんです!!

 

 

女性の不調に低用量ピルよりも・・・

 

月経関連過眠症 眠気,生理前 眠気 対策,生理前 眠い なぜ,月経随伴睡眠障害 症状,過眠症 女性ホルモン

 

低用量ピルのPMS改善効果

 

 

生理前のPMSの治療に
保険適用される低用量ピルも
存在していますが・・・

 

 

実はこういった低用量ピルは
生理前のPMSの身体的症状の
改善効果は認められているのですが
精神症状の改善効果は認められて
いないんです!!

 

 

ですので、
精神症状が強いとされる
PMDD(月経前不快気分障害)には
保険適用されないんです。

 

 

じゃあ、
避妊効果もPMS改善効果も
100%は期待できない低用量ピルを
なぜ高い薬代を支払って服用しているの??

 

 

って疑問に思ってしまいませんか?

 

 

まあ、
日本の医療機関と製薬会社の
癒着体質は今に始まったことでは
ありません。

 

 

全て医師の言いなりになって
危険な副作用のリスクのある
低用量ピルを服用するよりも・・・・

 

 

安全性の高い成分とは?

 

 

PMS研究の先進国イギリスの
改善ガイドラインでは・・・

 

 

自然由来の安全性の高い
チェストベリーやイソフラボン類等の
有効成分の服用が推奨されて
いるんです!!

 

 

そこで、
こういったチェストベリーやイソフラボンを
日本国内で購入できる製品で
配合しているのが「ルナテア」です。

 

 

というのも、
このチェストベリーって漢方薬と
同じような生薬由来の成分なので
漢方薬と同じようにお湯で煎じて服用する
「ルナテア」が吸収率No1で高い改善効果を
期待できるんです。

 

 

ですので、
生理前の月経関連過眠症に
悩んでいる女性は「ルナテア」を
試してみると良いですよ(^^♪

 

☆1日分66円でおためし♪

 

☆吸収率No1ホットドリンク

 

☆全額返金保証制度アリ

 

※「ルナテア」の最安値情報や
返金保証の詳細はこちら
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
⇒「ルナテア」最安値・返金保証とは?